青色めがねの活動日記

青空バックに飛んでる飛行機がスキっ!(≧▽≦)

ヤフブロよりお引越し。
主に航空、羽田によく行くのでそのネタの方が多いですが、横田やらいろいろ飛ぶモノ中心にやってます。船・電車・模型もアリ♪

チラホラと出かけて・・・いないか。
土日は別件だったりと活動してなかったら、そのうちにどんどんと感染拡大。そしてついに再々の緊急事態。どうして防げないもんですかねぇ・・。とボヤいても仕方ない。ネタも多くないのでまとめ記事書いておきます(;^ω^)

4月の1日。🌸が綺麗な時期でした。
そんな日にやって来たのはアンテナが多すぎなアヤシイ飛行機♪
210401-20964

210401-20987 92-13124
USA RC-12X 92-13124
横田基地に飛来。

桜に魅かれ、お隣へ
210401-22031 46-5719
JASDF T-4 46-5719
 
210401-22062 02-3031
JASDF U-680A 02-3031
入間基地の見事な🌸並木に見とれ、そんな中をタッチ&ゴーの繰り返し。
私もタッチ&ゴー

上りに間に合いました♪
210401-21050

210401-21074
両サイド撮れたので、お昼に向かいます。

お昼食べようかと思ったら食べれませんw
210401-21117 84-0191
USAF KC-10A 84-0191
テンの飛来に大喜び(≧▽≦)

気を良くしてノンビリ移動
210401-21235 ja01jp
法人所有 HA-420 JA01AP
初っ端からホンダジェット♪

新南風運用の羽田、のんびり楽しみます。
210401-21251

210401-21317
Pさんによっては早く曲がったりするようで、ギアがしっかり見えるまで転がってくれるのを待ってました。

デッキへ。
210401-22099 ja09an
ADO B737-700 JA09AN
ANが残ってます?(;^ω^)

4/1、この日は暗くなるまで楽しみました。
210401-22189 ja737q
SKY B737-800 JA737Q

翌日4/2。
帰宅後に良い音!(≧▽≦)
210402-22268 99-0006
USAF E-8C 99-0006
明るい時に・・・は来ないよね(^_^;)

一気に飛んで月末へ。それまではあんまりネタ拾えませんでした。
4/22。
210422-21447 n90
FAA CL-600 N90

210422-21476 75-3251
JASDF U-4 75-3251
お偉いさんがご搭乗のようで、向こう側に青のプレート🌸🌸🌸だったようです。

4/23
210423-21621 ja21rh
JAXA BK-117C-2 JA21RH
家からJAXAが見れるとは!

厚木にファイター飛来。
210423-21622
悪魔の音4つ分、見事に捻って行きました(≧▽≦)

4/25
210425-21765 01-0065
USAF C-37A 01-0065
FAAのチャレンジャーから日を追うごとに大きくなってるような(笑)

とか思ってると最大級が。
210425-21790 87-0028
USAF C-5M 87-0028
夕方の逆光タイムですが曇天で良い塩梅に撮れました。

そして今日、今月の最終決算?まだ早いかな?(^_^;)
昨晩風が強くて寝付けず。ちょっとFR見たら誘惑が。
210426-21799

210426-21842 n395cm
ATI B767-300ER(BDSF) N395CM
いい加減ノーズの塗装剥がれ直しませんかね?
それはそうと私のヒネリ狙い、いつもの場所ではなくもう一つ狙いのポイントに行きまして、飛行機の動きは良かったのですが私が遠くに行ってました(;^ω^)

5分後にジャンボ。
210426-21869

210426-21919 n401kz
CKS B747-400F N401KZ
元NCA機、ヒネリは素晴らしかったのでまた別の場所でこのヒネリを狙いたいと思います。

そして朝活を引き上げ帰宅。
210426-21926 fa18e nf301
USN F/A-18E NF301

210426-21931 fa18e nf303
USN F/A-18E NF303
西からやって来て、真正面で右に捻って行きました。先日の悪魔4つは同じ動きで左に。
ここってそんなポイントだったっけ??

そして、そして・・・
210426-21939
やっぱり口にマスクが掛かってないように見える(笑)

こっちに来るんじゃないか?と数日前からロックオン!
210426-21954

210426-21970
マスクの紐、ドアにちゃんと掛かってるんですね♪

210426-21996n744ck
CKS B747-400BCF N744CK

210426-22012
元JAL機と言うこともあって撮影枚数も多めに(≧▽≦)
最高の陽当たり、大満足でテレワーク出来た本日でございました。

ほとんどベランダ監視。羽田も入間も一度キリな4月。
ベランダから釣りを楽しんでるような感覚です(笑)

とあることがキッカケでジオラマ作ってみようと思った外出自粛期間(;^_^A
一日、ほんの少しの時間をやる気になった時とテンション上がった時だけチマチマと作成。
着手から完成まで掛かった時間は一か月ほど。その作成記をコストと共に残しておこうと思います。
※今回記す金額は百均のはそのままですが、市販の各種商品はメーカー価格なので参考価格としてご覧ください<(_ _)>

ジオラマの作成にも様々な方法がありますが、私が目指したのは「新規コストは出来るだけ安価」に。
手元には材料があるのでそれをうまく活用してみます。
20210411_200050
ベースは百均で見る展示ケース、アーチワイド型L。
写真にはありませんが、発砲スチロールのボードも同時購入。
・ケース=¥400
・発砲ボード=¥100
計¥500
最初はワンコインからのスタートです。

使う線路にKATOのアプローチ線路。※手持ちでしたので新規としては¥0
20210313_153718
ただし、単線のプランなので複線線路のウラにざっくりとマーキングを入れ、真っ二つ。

20210313_153956
両端にノコで切れ目を入れ、それを起点にマーキングに従ってカッターの刃を入れる。
ある程度の深さになるまでカッターの刃を繰り返し入れ、最後は軽い力でパキっと割ります。
割った個所はカッターで軽く面取りも実施。
・KATOアプローチ線路=¥900
累計¥1,400(うち新規¥500)

発砲ボードを、これも百均の発泡カッターで必要なサイズに切り、高さを稼ぐ。
20210313_173949
線路は外側の方を用い、仮置きで雰囲気掴んでおきます。
・発泡カッター¥100
・KATO単線架線柱¥450
・KATO架線柱台¥300
(いずれも手持ち在庫)
累計¥2,250(うち新規¥500)

発泡ボードを木工ボンドで積み重ね、線路のRをケガき、それを目標にカッターでサクサク削る。
ここで大事なのは木工ボンド。ゴム系接着剤だと発泡スチロールを溶かすのでアウト
逆に利用して穴を開けるという方法もありますが、それは失敗に成功するというものでしょうか(;^_^A
20210313_222510
足元に燃えないゴミ用の袋置いて、ゴミが散らからぬようにそのゴミ袋の中で作業。
缶ビール飲み、テレビ見ながら(良い子はマネしないでね)。
※丁寧にしなくても良いってことです♪

さらにイメージを掴むため、小細工。
20210314_122539
車両ケースのウレタン、入れ替えてると余りが出るので、その余りを用いて壁を置いてみました。

あくまでもイメージとして。
20210314_122548
うん、こんなもんかな♪

ちょっとした山も積層の発泡を削って作成。
20210314_140624
ポリゴンの世界から3Dへ(笑)
細かい事気にしないで削るって楽だわぁ

手持ち在庫にあったはず・・と探すも、見つからないので新規購入(;^ω^)
20210320_163155
・グリーンマックス 石垣A¥500
計¥2,750(うち新規¥1,000)

線路を真っ二つに加工したのと同じように石垣を必要な長さに調整。
そしてまた仮組♪
20210320_165253
仮組をすることにより、石垣の曲げ具合を調整して発泡のベースと密着できるようにしてきます。
うんうん、イメージになって来たよ(≧▽≦)

イメージを掴んだところで次のイメージへ。
20210411_195746
百均のカラーボード。
実は船模型の海に使えるかな?って買ってたヤツ(;^_^A
・カラーボード¥100
計¥2,850(うち新規¥1,000)

これをこう使いました。
20210324_213600
矢印の塀へ。
写真を撮りそこなってしまったのですが、適度な大きさ&長さにカラーボードをカットして、グレーで塗装。
どうしてもボードそのものの表面にある凹凸が出てしまうので、木工ボンドを指の腹で慣らし、適度な平滑さを表現。写真は木工ボンドを塗ったところですが、乾いた後で1000番のサフェイサーを吹いてコンクリっぽさを狙いました。
ボンド&塗料については手持ち分ですがコストとして計算してみましょう。
・木工ボンド¥100
・カラースプレー(グレー)¥600
・サフェイサー(1000番)¥400
計¥3,950(うち新規¥1,000)

ここから地面作りが本格化
20210328_191136
全体のグレーを吹いたあと、カラースプレー3種を使って石垣は黒を多めに石っぽく、壁は白を多めにコンクリっぽく。そんなイメージで手持ちの黒、グレー、白のカラースプレーをテキトーに吹き、自然な感じを狙います。出来たところでベースに木工ボンドで圧着。
・カラースプレー2種(黒・白)¥600×2
計¥5,150(うち新規¥1,000)

そして地面作り
20210329_221907
登場いただいたのは木粉ねんど。
乾くとカッターなどで切ったり、壊れたら木工ボンドで修復可能という、廃材利用のスグレモノ!
とは使ったあとで気づきました(笑)
発泡の山にねんどを上乗せして山の造形を。そして線路下にはなだらかな浜を。
乾燥させたらその「浜」は砂浜そのものに見え、このままでも良いか?とちょっと思っちゃいました(;^_^A
ってことで久しぶりに新規購入追加♪
・木粉ねんど、1袋¥100
計¥5,250(うち新規¥1,100)

と、ここで思い付きというか、追加工作。
20210330_212656
ディスプレイとして車両のライト点灯も必要と感じ、ケースと発泡ベースを貫いて電源コード。
・KATOターミナルユニジョイナー¥350
計¥5,600(うち新規¥1,450)
こちらの効果については後ほど・・。

やる気が出ず3日放置すると粘土部分が乾きます(笑)
20210404_111142
百均塗料、3種登場。緑は背景、黒は水辺、茶は土に。
無駄なようで下地処理は大事です。
・アクリル絵の具¥100×3本
計¥5,900(うち新規¥1,750)

さらに線路を錆ているように見せるため、ガンダムマーカーで塗り塗り♪
20210404_112728
分かり易いようにビフォーアフター。左が塗った方、右が製品ままです。
ガンダムマーカーも手持ちでした。
・ガンダムマーカー¥200
計¥6,100(うち新規¥1,750)

さらにドライタッチで線路上をウェザリング。
20210404_113546_HDR
茶色のアクリル塗料を筆に付け、ティッシュで拭き取ったりして筆を乾いた状態で撫でていく手法。
私の場合、古新聞にちょっとだけ塗料を出し、そこに筆を付けてその新聞の余白に塗って筆が乾いた頃に線路に塗るという感じで好みのウェザリングになるまで繰り返しやりました。

線路の錆が枕木やバラストの汚れに・・と、実物を観察して汚す部分を念入りに。
20210404_114211
肩に力を入れずに「こんなもんだろ」でやってます。

さて、線路自体が整ったらいよいよ線路部分の仕上げ。
20210404_114249
のび太君、そんな時にはコレが良いよ。バラスト、ユニトラックタイプぅ~!
・バラスト ¥600
計¥6,700(うち新規¥2,350)
ユニトラックに揃えた砂利ってことですが、噂によると本物のバラストを作ってる採石場から出る、その余りを粉砕したものらしい。「ホンモノ」という言葉に弱いです(;^_^A

チラシを折り、バラストを少し載せては少しづつ線路に盛って行く。
如何に自然な感じで盛って行くかがポイント。ゆえに少し載せては・・の繰り返し。
20210404_114937
これが意外に楽しい
あ、バラストが余計な場所に入り込むのを防ぐために、端っこの方はマスキングしてます。

このあと何度か登場することになる、ボンド水溶液。
20210414_224603
木工ボンドと水は1:1、そして台所から中性洗剤を数滴。
中性洗剤はバラストへの浸透度を増し、木工ボンド水溶液は1:1の比率から固着の様子を見て比率を変えていくという寸法。
とは言っても、どんなにかき回しても簡単には水溶液になってくれずボンドの塊はいくつか残ります。
根気で溶かしていきましょう。それでも残った場合はこれも時間が解決。数日放っておけば融けて消えてしまいます。逆に置き過ぎると水分が飛んで固まり、昔懐かしい糊の塊になるので注意ですがw

壁と線路の間をバラストで埋め、霧吹きでバラストをほんの少し水分を含ませてボンド水溶液をペチャペチャとバラストへ浸透させていく。それが終わったところで次の工程へ。
20210404_121417
霧吹きの水が写真に残ってますが、土の部分にボンドをベタベタと指の腹を使って広げていきます。

そして土っぽくするためにパウダーを。
20210404_121938
百均の茶こし登場。
どちらも手持ちのもの。パウダーはブレンドしたものですが・・実はゴミとして捨ててあったデアゴ系のアレ。もったいないオバケが降臨したのでお持ち帰りした次第(;^_^A
・茶こし¥100
計¥6,800(うち新規¥2,350)

さらに緑のパウダーを撒いて下草の表現。
その際には架線柱の穴を埋めては使えなくなってしまうので架線柱を仮設置。
20210404_124954
加えて土側のバラストを撒き、ボンド水溶液で固着。

砂浜に砂を茶こしを使って撒いていく。
20210404_132938
実はこの砂、某所の海岸で実際に収拾したもの。
用途は別だったのですが、使わなくなったので転用。
白い砂浜はサンゴなど石灰系、黒系は石からの砂浜。この辺はどういう土地なのか?を検証して作ってみるのも面白いかも。
下地を黒にしたのもこの砂を使うから。水底となる部分は色を暗めにしておきます。

ボンド水溶液が乾くまで数日放置。
次の工程は茂った草。ボンドを直接ぬりぬり。その上にクランプフォーリッジを押し付けて行きます。
20210404_221705
ジオラマ作成において考えていた地域は陽射しが強い場所。
緑は濃い色合いになるので思いっきり暗い色を選択。
・ウッドランド アンダーブッシュ¥550
計¥7,350(うち新規¥2,900)
これ、暗い色の中に僅かながら明るい色も入っていて良い感じでした。
さらに他に手持ちの明るいフォーリッジも混ぜて草表現を盛り上げます。

そして濃いめのボンド水溶液をベチャベチャに垂らす。
20210404_224307
浸透させ、乾くまで数日放置。
白い部分は乾くと透明になるので問題なしです。

数日後。
20210408_220018
乾いてかなり「らしく」なりました。
この段階で線路の表面をクリーニング。砂消しで磨き、クリーナーで拭き取りました。
砂浜も干潮時とすれば、これで完成でいいかとも思っちゃって(#^.^#)

で、そこで留まらず勇気を出して初トライ!
20210412_214006
UVカラーレジン!
水を表現するものにジオラマ作成用の専用品は数多ありますが、ローコストで検索してるとUVレジンなるものが。なんと陽に当てるかUVライト当てなければ固まらないそうじゃないですか。
海や川の表現にクリアグリーンを求めましたが、店頭にはクリアブルーばかりでとりあえずグリーン×4、ブルー×6の布陣。

使ってみましょう♪
マスキングテープで漏れないように壁を作り、少しづつチューブから出していきます。
深い場所にグリーン、浅い場所にブルーの順番で、クリアグリーンを深い場所に出して日光に当てものの数分で固着。
固まったのを確認して、その上にクリアブルーを出していく。
20210410_151318
チューブから出す際、色が混ざってなかったり、空気の泡が入ったりするので苦労する・・かと思ったら全くそんなことはなく。ゆっくりチューブから出せば空気は入りませんでしたし、色もしっかりと混ざってました。加えて店頭在庫で仕方なくグリーンが少なめになったのですが、結果的に2色の使い分けができて成功だったかと♪
内海あるいは流れの緩やかな川をイメージしたので、ありがちな波の表現は考えずに使用しています。
注意したところとして記載するならば、
①日光に当たらない場所で作業
②作業は焦らずゆっくり
③少量出してテスト(感覚を掴んでみる)
④表面張力で上手く乗らないところは、爪楊枝の先で導いていく
な感じです。

そして作業中、失敗することに成功しました
日光に当てて固めている最中に不意に触ってしまい水面が変形したのですが、同じ色のUVレジンで上乗せするとあら不思議!綺麗サッパリその痕は消えてしまうのです。焦らず深さを増やしていきましょう(笑)

UVレジンの投入が終わったら、固まったところで波打ち際に一工夫。
20210411_110347
黒色の絵の具を水で薄ーくして、水表現のフチ部分に満遍なく筆で塗っていく。
すると砂浜に浸透し、水から遠い部分は乾いた状態、黒くなっているところは濡れている状態が再現。
この手法、砂利系の砂浜なら黒、石灰系の砂浜なら茶色だと良さそうです。

さて、コスト計算(;^_^A
・UVカラーレジン 10本¥1,000
計¥8,350(うち新規¥3,900)

作業の日、上写真の作業をしたところで夕暮れ。
20210410_173607_HDR~3
波打ち際の表現ですが、固まっているUVレジンの上に「水が深い方から」薄くUVレジンを乗せていくと、波が静かに浜に寄せていく感じができます。
日光に当てるとすぐに固まる性質を利用し、少し出しては日光に当てるのを繰り返し。それで波の表現してみました。すべてはぶっつけ本番で勘でやりましたが、できれば少量出してテストしていただいた方が無難です(;^_^A

夕日に当てていろんな角度から。
20210410_173448
う~ん!良い感じ

そして通電チェック。
20210410_180256_HDR

20210410_181213
バッチリです(#^.^#)

出来たからには記念撮影を!
20210411_111213_HDR
カント線路を使ったのでカーブでは傾いた感じが。

20210411_111055
上からの視点では、水面が反射して静かな波の感じが♪

非電化区間では架線柱を抜いて撮影し、電車は架線柱を立てて撮影。
20210411_163635_HDR

20210411_123708

20210411_120659_HDR
日光の下での撮影は、海の感じがすこぶる良くて感動しちゃいました

普段、室内ではこんな感じ。
20210416_200046
工作中の写真でところどころ出ていましたが、プラ板に緑や黒の絵の具で塗ってたのは背景。
それにクランプフォーリッジを押し付けてます。

背景を作った理由。
20210416_195335
外して山側からも見たかったから(;^_^A

20210416_200149
拘ったような、拘ってないような・・?
そんな一か月ほどの時間、楽しかったです(≧▽≦)

という訳で。
今回作成したまとめ
時間=一か月
コスト=¥8,350(うち新規¥3,900)

まぁ、目論見通り安価に出来たのではないでしょうか。
喜びはプライスレスですので(≧▽≦)


ということで作成記は以上。長文駄文、大変失礼いたしました。
ご覧いただきましてありがとうございます<(_ _)>

緊急事態宣言が明け、細心の注意を払いつつやっと羽田へ外出。前回は去年の年末でしたからこんなに離れたのはここしばらくなかった緊急事態です(^_^;)

と言いつつ、行きがけの駄賃♪
210327-20913
ちょっと電車と🌸を嗜んでみました(;^ω^)

さて羽田。
210327-20478 ja708a
ANA B777-200ER JA708A
緊急事態宣言の最中にも何機か離日。ANAの場合はこれまでロゴが消されることなく離日していましたが、珍しくこんな姿に(´Д⊂ヽ

どうもこの日はあまり狙い通りにならず。
ランチェンの儀に相成りました・・。
210327-20536 pk-gig
GIA B777-300ER PK-GIG
インドネシアの政府専用機ですが、ご覧の通りガルーダでもあります。

お偉いさんを乗せてきた割りには3タミに入るという。外相クラスだとそんなもんですかね。
210327-20617
日尼2+2会談。外交も動き出したようで何よりです♪

さて、上の写真にあるようにタラップはANA。そのほかにも地上支援車輌はANAでした。
そんな中・・・
210327-20651
エンジンカバーを掛けているところも初めて見ましたが、その作業はJAL。

第一エンジンにもカバーを掛けていきます。
210327-20687
その確認をタラップの上からやっているのはJAL。
2社合同による作業、ここ羽田で珍しいものが見れました。

やがて新南風運用。
210327-20694 ja839a
ANA B787-9 JA839A
16R降りの開始。

210327-20701
ANA B777-300ER JA794A
実は16R降りはこの運用になって初めてデッキから撮ります(;^ω^)

以前に「こちら側から着陸」を撮ったのは・・
1996 b747
1996年ですから、もう25年前(;^_^A
手前にも奥にもジャンボ。この当時は15/33のランウェイ。15降りでした。

ちょいとタイムトラベルしちゃいましたが、とにかく横を撮りたくて。
210327-20730

210327-20732

210327-20733
ガルーダである証拠もしっかり撮って、大急ぎで撤収。

その訳は・・
210327-20764
JASDF CH-47JA 27-4487

210327-20784
青いプレートの🌸🌸🌸🌸これが撮りたくて!
この日、🌸プレートとガルーダ撮るのが目的。しっかり仕事出来て、まずまずの復活でした(≧▽≦)

このページのトップヘ